つくし保育園 | 子どもたち一人ひとりが、持てる力を十分に発揮できる環境を用意し生きていく力の根を育てます。

園概要・お手続き

保育方針・目標

総目標

子ども達一人ひとりが持てる力を十分に発揮できる環境を用意し、

生きていく力の根を育てる

保育目標

社会福祉法人皆輪会つくし保育園、別府つくし保育園では、「4つのつくしっこ」を目標にして保育をおこなっています。

<自分のことは自分でする「つくしっこ」>

  • 食事、排泄、睡眠、着脱、清潔など基本的な生活習慣を身につける。  
  • 身の回りのことは、自分で処理する。

<元気いっぱいの「つくしっこ」>

  • 家庭的なくつろげる雰囲気の中で情緒が安定し、意図的に遊ぶ。
  • 危険を予測できる能力を身につけ、自らの安全を守る。
  • 生活や遊びの中で、豊かな体験や年齢に応じた運動で“人として生きる身体作り”をする。

<いつも仲良し「つくしっこ」>

  • 積極的に遊びや生活をし、自主、協調といった社会生活の基礎となるような態度を身に つける。
  • 友だちを尊重し、思いやりのある心を持つ。
  • 人と関わる中で、善悪の判断を勇気もって行動に移す。

<考える「つくしっこ」>

  • 言葉への興味や関心を持ち、豊かな情操、思考力、表現力を身につける。
  • 自然や社会の事象を知り、様々な体験を通して自分なりに感じたことを表現し、創造力を豊かにする。

先生たちが目指す保育

  • 子どもたち一人ひとりの思いを優しく受け入れ、家庭に変わる「保育」の場を提供していきます
  • 様々な運動遊びや食育を通して、健康的な身体作りをしていきます。
  • 友だちや保育者との関わりの中で、社会性を育てていきます。
  • 色々な「おはなし」にたくさん出会うことで、創造性を培います。
  • 様々な体験活動を通して、子どもたちの意欲を育てていきます。

ページのトップへ