つくし保育園 | 子どもたち一人ひとりが、持てる力を十分に発揮できる環境を用意し生きていく力の根を育てます。

保育の現場から

保育の現場から一覧

さくらんぼ・いちご・りんご組

2020年07月25日

さくらんぼ

 園庭やエントランスへのお散歩など、保育室以外の場所でも楽しく遊べるようになりました。笹飾りを見ながら歌を歌うと身体を揺らし、笹飾りを見て、季節感を楽しみました。ぽんぽん落としやシール貼りなど机上での課題にも向き合い、指先遊びにも挑戦。集中して活動し、「できたね」「上手ね」と声をかけると、自分で拍手パチパチ。達成感を味わうこともできました。マットやトンネルなど身体を動かす遊びも楽しんでいます。

いちご

毎日元気いっぱい。友だちや保育士と一緒に遊ぶことが嬉しくてなりません。腕の力や握力もつき、鉄棒のぶら下がりが得意です。「かわって」「じゅんばんね」などお友だちに言葉で伝えることも少しずつ出来るようになりました。見立て遊びやつもり遊びも上手になり、ままごとや人形遊びも大好きです。いろいろな遊びを共有していく中で、友だちや保育士との関わりが深くなってきています。

りんご

 「おはよう」と元気な声で登園してきます。梅雨の晴れ間をぬって戸外へ飛び出すと、早速泥水遊びが始まります。裸足になって全身で泥水の感触を楽しみ、友達同士でその面白さを共感し合いました。そんな経験を重ねていく中で、益々お友達が大好きになりました。初めての粘土遊びも経験しました。粘土の感触に抵抗を見せた子ども達もすぐに慣れ、引っ張ったり、伸ばしたり、叩いたりちぎったり・・・様々に変化していく粘土の魅力に夢中になって遊びました。

ページのトップへ