つくし保育園 | 子どもたち一人ひとりが、持てる力を十分に発揮できる環境を用意し生きていく力の根を育てます。

保育の現場から

保育の現場から一覧

あんず・みかん・ぶどう・すもも組

2020年03月25日

あんず組

入園当初は泣き声でいっぱいだった保育室。今では「先生」「〇〇くん」と名前を呼んだり、笑い声に混じって言葉もたくさん聞かれるようになりました。暖かくなり、2階のテラスで遊び、給食も食べました。お外で食べた給食は一段と美味しかったことでしょう。 温かい春の風を感じながらのお散歩も楽しい時間でした。この一年でぐーんと成長を見せ、4月からは新しいクラス。新たな一歩を踏み出します。

みかん組

弥生3月。温かな日差しが嬉しい季節。春の制作をしたり近くの公園に散歩に出かけ、訪れた春を楽しみました。誘導ロープを握って歩く足も力強さを増しました。みかんぐみで過ごす最後の月。身の回りのことも少しずつ出来るようになったり、友だちを思いやる気持ちが育ったりと、心も体も大きく成長した1年だったなと実感しています。進級の喜びをバネにして、更に成長していくことを楽しみにしています。

ぶどう組

いよいよぶどう組で過ごす最後の月。泣いたり笑ったり、怒ったり喜んだりとたくさんの表情を見せながら、一歩一歩大きく成長しました。友だちの名前を呼び合って共に遊んだり、一緒に過ごす楽しさを知って、遊びに発展が見られるようになりました。毎日が驚きと喜びの連続でした。たくましくなった子ども達。進級して、また更に大きく成長していくことでしょう。とっても楽しい一年でした。

すもも組

 「れもん組さんになるんだ」と、進級への期待を胸いっぱいに持って元気に過ごしました。手洗いやうがい。着脱。お帰りの用意など、身の回りの様々なことを自分の手で進めていけるようになりました。「出来ない」と保育士に頼っていたことも「見て見て!」「先生出来たよ」という言葉に。お友だちとたくさん遊んで、みんな仲良しです。そしてもうすぐみんな一緒に進級します。

ページのトップへ