つくし保育園 | 子どもたち一人ひとりが、持てる力を十分に発揮できる環境を用意し生きていく力の根を育てます。

保育の現場から

保育の現場から一覧

あんず・みかん・ぶどう・すもも組

2019年01月25日

あんず(0歳児)

歩行ができるようになった子ども達が増え、生き生きとした表情で、毎日を元気に過ごしています。手の働きも充実してきて、チェンリングを小さなボトルに入れたり、少し難しい型はめも手首を上手に動かして遊べるようになりました。ズボンを履くことにも挑戦です。一生懸命な姿が微笑ましく、一歩一歩成長していく子ども達です。

みかん組(1歳)

言葉の発達が著しい子ども達。最近は「ママとパパと一緒に公園にいったよ」「モーモー見に行ったよ」と、休日の話もよくしてくれるようになりました。靴もほとんどの子が一人で履けるようになり、なんでも「自分で」と意欲的に取り組んでいます。今月から始まったパジャマでのお昼寝も嬉しそうです。友だちや保育士と一緒に、着脱やボタンとめを頑張っています。

null

ぶどう組(1歳児)

1月はお正月にちなんで凧つくりをしました。油性ペンで絵を描いて、自分の凧ができると大喜び。園庭に出るとすぐに凧と一緒に追いかけっこ。冷たい風も平気で元気に走りまわり大満足でした。パジャマを着てのお昼寝も始まりました。初めてのパジャマが嬉しそうです。小さな指でボタンをつまんで留めようとする、一生懸命な姿に成長を感じています。

すもも組(2歳児)

 「お庭に行きたい」「まだ走りたい」と寒さを忘れるくらい元気いっぱいです。登り棒やクライミングなど、新しいことに興味を持ち、楽しく身体を動かしています。生活の中でも、「私がする。僕がする」「お手伝いに行く」と、意欲満々です。困っている友だちがいると助けてあげます。自分のことは自分でするということが当たり前のようになった、頼もしい子ども達です。

ページのトップへ